産業保健師の口コミ

なかなか産業保健師の仕事が見つからない

企業内保健師の募集はどこで見つけられるのかな?と、様々な転職サイトに登録。結局紹介してもらえる求人はぜんぜんありませんでした。先日DODAに登録したところ2件紹介。他にも何名か応募者がいるみたいでしたが、履歴書の書き方から面接対応の仕方、こと細かく指導してくれたおかげで1社に採用してもらうことができました。企業内保健師の応募情報はDODAに聞くのがいいと思う。他の紹介会社はあるように見せかけて、求人が全然ないかも知れません。

夜勤の無い職場

私は子育てがひと段落したので、これを機に転職活動を始めました。以前勤めていた職場の先輩看護師から、「復職しようと考えた時は、ナース人材バンクを利用するといいよ」と言っていたことを思い出し、インターネットからナース人材バンクに登録をしました。いくら子育てがひと段落したと言っても、子供はまだ小さいので、急なお休みが必要になる事もありますし、夜勤はしたくないので、日勤だけの職場というのが、私の中で重要と考えていた条件でした。これらの希望条件を伝えると、「大丈夫ですよ。日勤だけの求人も豊富に取り揃えていますから。お子様のことを第一に考えてあげてください。」そう言って頂きました。実際に、夜勤のない日勤の求人を探し出してくれ、私に紹介してもらえたので本当に感謝しています。インターネットなどに書いてあるナース人材バンクは働く女性の見方というのは、こういう事なんだなと、実感しました。

私生活を大事にしたかった

今まで務めていた病院は新卒で働き始めました。その時はお給料がよかったから即決できめましたが、まったく時間の作れない毎日で辞めてしまいました。

次は企業で働きたいと思って、保健師求人探しましたが、なかなか見つけることができず、DODAに登録しました。

DODAのコンサルタントはすごく丁寧で私の悩みも丁寧に聞いてくれて、私に合った産業保健師としての転職先を紹介してくれました。今では仕事とプライベートの両立がきちんとできてます。

病院看護師からDI職へ転職

DODAに登録して、すぐに転職先が決まりました。
年収は400万円から450万円に上がって、歩き回ることが少なく、ほぼ定時で仕事ができるDI職への転職です。
電話業務だったので、顔を見て話すことしかしてこなかったので、不安もありましたが、コンサルタントの方のサポートがあって、すんなりいきました。
病院もいいけど、DI職について改めて勉強していきたいと思います。

産業保健師の業務は企業の職種によって違う

産業保健師は、勤務先の企業の職種によって業務内容や求められるスキルが大きく異なります。労働が現場メインの企業に勤めてましたが、ケガの手当てなど、看護師のキャリアを活かす場面が多かったです。今はデスクワークの企業に勤めていますが、やはりメンタルケアの業務が多く、社員の方の相談にのることがほとんどです。また、事務作業も多くあります。企業の即戦力として働くなら、現場系の企業の方が遣り甲斐がありましたよ。どちらにしても、転職支援サービスで紹介してもらった企業で働いているので、そこそこ希望条件で入職しています。産業保健師はキャリアを積めば積むほど、採用される可能性が高いので、将来的に産業でキャリアを活かしていきたいなら、早めに企業にはいった方がいいです。私が企業に勤め始めたのは、DODAに登録したことがきっかけです。病院看護師の方で一般企業への転職を希望しているなら、DODAに転職するといいと思います。

  • ブックマーク

  • 産業保健師・企業看護師求人専門の転職支援サービス

    DODA

    DODAの企業看護師求人サイトとは?

    企業の看護師求人専門でサービスを提供できる程、企業の看護師求人、産業保健師求人が集まるDODA。看護師の資格を活かして病院以外で働くならDODAのサポートは欠かせません!

    >>> DODA企業看護師求人サイト