産業保健師の業務は企業の職種によって違う

産業保健師は、勤務先の企業の職種によって業務内容や求められるスキルが大きく異なります。労働が現場メインの企業に勤めてましたが、ケガの手当てなど、看護師のキャリアを活かす場面が多かったです。今はデスクワークの企業に勤めていますが、やはりメンタルケアの業務が多く、社員の方の相談にのることがほとんどです。また、事務作業も多くあります。企業の即戦力として働くなら、現場系の企業の方が遣り甲斐がありましたよ。どちらにしても、転職支援サービスで紹介してもらった企業で働いているので、そこそこ希望条件で入職しています。産業保健師はキャリアを積めば積むほど、採用される可能性が高いので、将来的に産業でキャリアを活かしていきたいなら、早めに企業にはいった方がいいです。私が企業に勤め始めたのは、DODAに登録したことがきっかけです。病院看護師の方で一般企業への転職を希望しているなら、DODAに転職するといいと思います。

関連する記事はこちら
  • ブックマーク

  • 産業保健師・企業看護師求人専門の転職支援サービス

    DODA

    DODAの企業看護師求人サイトとは?

    企業の看護師求人専門でサービスを提供できる程、企業の看護師求人、産業保健師求人が集まるDODA。看護師の資格を活かして病院以外で働くならDODAのサポートは欠かせません!

    >>> DODA企業看護師求人サイト