産業保健師の活動の実態

産業保健師の就業状況は、自治体が全体の6割と多く、事業場は1割に満たない現状です。事業場における保健師の活動は、健康診断に基づく保健指導の実施が中心です。平均年齢は40.3歳、40代の産業保健師が32.7%と一番多いです。最終学歴は、4年制大学が約3割と全体と比較して多いことがわかっています。また、雇用形態に関しては、正規職員が75.7%ですが、4人に1人は非正規雇用という結果が出ていました。最も多い業務は、1、健康相談や保健指導。2、各種健康診断と事後処理。3、メンタルヘルス対策となっています。

産業保健師の主な業務内容

産業保健師の仕事は、産業医や衛星管理者等とチームを組んで、企業で働く労働者の健康管理や増進を図ることになります。健康管理の中には、労働者のメンタル面も含まれ、不況の影響による雇用形態の変化に伴う「うつ病」などのケアに重点を置いている企業も多くあります。また、生活習慣病の予防や、国外での新興感染症の対策も行ないます。

産業保健師の活動の特徴

多様な健康問題として、メンタルヘルスや自殺対策に対して、きめ細やかな対応をしています。また、労働者が最も身近な産業保健師専門職として気軽に相談できる窓口となることや、労働者だけではなく、家族支援も行なっています。労働者の抱える状況と最も適切に把握して、産業医や医師、人事部などの労働管理者との連携や調整し、問題解決をします。一次予防から三次予防まですべて、迅速、包括的かつ継続的な支援を行なっています。

産業保険師の活動基盤の実態まとめ

産業保険師は年々増加している傾向にあります。しかし、新人研修や中堅研修、管理者研修等の現任教育の機会が十分ではありません。現任教育体制の構築や整備や計画的な人材育成が急務されている現状です。

自分にあった企業を探して、産業保健師になろう!

勤め先となる企業の職種によって、業務内容や活かせるキャリアやスキルが異なります。ナースエージェントを利用し、最適な職場を見つけましょう。産業保健師求人など、企業求人を中心に扱うDODAが人気の求人サイトです。


  • ブックマーク

  • 産業保健師・企業看護師求人専門の転職支援サービス

    DODA

    DODAの企業看護師求人サイトとは?

    企業の看護師求人専門でサービスを提供できる程、企業の看護師求人、産業保健師求人が集まるDODA。看護師の資格を活かして病院以外で働くならDODAのサポートは欠かせません!

    >>> DODA企業看護師求人サイト